KIEFERS SALON

トレセンレポート

所有馬近況

2021.01.14 トレセンレポート

平林雅芳氏によるトレセンレポート。キーファーズ所有馬の最新情報をお届けします。

●池江泰寿厩舎

・キスラー
・マンインザミラー             
・ローズエンペラー 
池江先生から電話が入りました。『マンインザミラーは3頭併せで追い切りました。後ろから行かせて、前の馬に並ぶ時までは良かったのですが、並んでからがジリジリとした感じでした。もっと一瞬の脚を使ってくれると思っていたのですがね。時計的には十分なものが出ております。予定としては1回東京(1月13日)の2日目の1800芝ですが、関東圏は出馬ラッシュで出れない可能性もあります。来週の中京の8日目(1月24日)の1600芝から投票をしていかないとです。

ローズエンペラーは今朝は5Fから。この馬は1回阪神の2日目(2月14日)の1800ダートを予定しています。まだ時間もたっぷりあります。キスラーは中2週ですので、今週の日曜ぐらいから時計を出して行きたいと思います。変わりなく順調ですよ』とのことでした。
 
1月14日 
マンインザミラー 馬なり
CW 82.3~66.6~52.2~37.8~12.4 馬なり
サトノグロワール 内が1.4秒追走して同入

ローズエンペラー 強め
CW 69.6~53.7~39.2~12.2

●小崎憲厩舎

・オーマイオーマイ
オーマーイオーマイは昨年のキーファーズ最初の勝ち馬。緒戦の内容がもうひとつだったので、どこまで変われるかと期待もほどほどで臨んだ中京競馬。ところが前が止まったこともあったけれでも、4角であがって来る脚が悪くなかったままの勝利でした。秋緒戦のやはり中京コースで、スタートのタイミングが悪く後ろで脚を貯めての直線でいい脚。最後は止まってしまったけれどもの内容でした。どうやらこの中京コースはこの馬には走りやすそうです。ですので今回も淡い期待を持ってTVでの応援をしたいと思います。

1月14日
オーマイオーマイ 
坂路 54.1~39.3~25.4~12.7

このページをシェア

KIEFERS SALON
KIEFERS SALON

キーファーズのイマがここに