キーファーズのイマがここに

KIEFERS SALON

UPDATE

JOURNAL

THE EUROPEAN
JOURNAL

在仏記者・沢田康文氏による、
キーファーズの海外所有馬情報コラム

アマレナがO.ペリエ騎手で出走

在仏記者・沢田康文氏による海外馬情報のコラムです。  アマレナが日曜日、パリロンシャン競馬場で行われるザルカヴァ賞で5歳の初戦を迎えます。2008年の凱旋門賞を勝った名牝の馬名を冠した古馬牝馬限定のリステッド競走で芝2100mで争われます。 冬の間はシャンティイのパスカル・バリー厩舎で調整し、来るべき新たなシーズンに備えてきました。「順調に来て、状態はとても良いです。シーズン初戦で良いスタートを切ってもらいたいですね」と、バリー調教師。週末のパリは雨予報で降ればアマレナにはプラスになりそうです。 鞍上は前走に引き続きオリビエ・ペリエ騎手がキーファーズの依頼を快諾しています。フランスはロックダウン中ですが、競馬は政府の許可を得て無観客開催が続いています。発走時間は日本時間11日(日)23時15分です。

2021.04.09

ブルームが復活V!次走予定

在仏記者・沢田康文氏による海外馬情報のコラムです。 2021年の初戦となったデヴォイステークスは、2番人気で3馬身半差の快勝を飾りました。武豊騎手が騎乗予定だった一昨年の凱旋門賞を前に戦線離脱し、昨年も体調が整わず出走できたのは2戦にとどまっていましたが、冬の間に懸命に立て直しが図られてきました。約1年10ヵ月振りとなる嬉しい勝利で、今季の活躍が期待されます。キーファーズとクールモアの記念すべき初勝利に、「本当に嬉しく思っています」と、エイダン・オブライエン調教師。「次走は4月17日の愛G3アレジッドステークス(カラ)も考えていますが、状態次第です。5月23日愛G1タタソールズ金杯(カラ)、6月4日英G1コロネーションC(エプソム)などへの参戦を視野に入れています」 とも話してくれました。

2021.03.30

ブルームが今季初戦を迎える

在仏記者・沢田康文氏による海外馬情報のコラムです。 現地時間28日、ブルームが今季初戦としてアイルランドのネース競馬場で行われるデヴォイステークスに出走します。昨秋のロングディスタンスカップ13着以来の競馬で、冬の間はバリードイルに在厩し、立て直しが図られてきました。今回はリステッドで戦いやすい相手関係となりレーディングでもトップタイ、前売りオッズでは単勝1〜2番人気に推されています。松島オーナーの白とグレーのダミエ柄の勝負服での出走となり、鞍上はクールモアのセカンド騎手であるヘファナン騎手となります。発走は日本時間28日23時25分です。

2021.03.28

モシモシ 今年初戦は7着

在仏記者・沢田康文氏による海外馬情報のコラムです。 1番人気の支持  1番人気に推され減量騎手のニコラ・ラルノディ騎手を背にハナを切る競馬をしましたが、直線で後退し7着に敗れました。2番手の馬が約半馬身差で追いかけてくる展開。最終コーナーでその馬に交わされたところ「バテたわけではなく、気の悪さを見せて走るのをやめてしまいました」というジョッキーの談話でした。 小林調教師は「次走はブリンカーを着用させることを考えます。レース後の状態と番組を見て続戦していきます」ということで、次走で改めて初勝利を目指します。 

2021.03.14

欧州所有馬近況

在仏記者・沢田康文氏による海外馬情報のコラムです。 Tanaghum 19(牝2、父Churchill)の馬名が松島オーナーの命名でペロタン(PEROTAN)に決まり、ホースレーシングアイルランドに受理されました。上にマッターホルン、バンコクがいる良血馬で、現在はエイダン・オブライエン調教師の手によりバリードイル調教場でデビュー戦に向けてトレーニングが行われています。

2021.03.14

もっとみる

JOURNAL

トレセンレポート

武豊騎手のエージェントを務めた、
平林雅芳氏のコラム

ゲーテが移動 所有馬近況

平林雅芳氏によるトレセンレポート。キーファーズ所有馬の最新情報をお届けします。 ●武幸四郎厩舎 ・タイミングハート・ゲーテ    幸四郎師から電話が入りました。『タイミングハートですが、北海道へ戻します。今年の北海道シリーズは札幌から始まります。牧場からも近いですので初っ端から使って行きたいと思います。洋芝で期待したいと思います。ゲーテは今、山元に居ます。早ければ来週に直接こちらに入れます。聞いている処ではちょっとズブイと言うか、まだ走る気が出ていないとのことです。こちらに入れてやって行った方がいいでしょう』とのことでした。2歳の入厩が続きます。 ●森秀行厩舎 ・ピアシック・スーパーウーパー木曜朝に森師と電話で話しができました。『ピアシックは先週にやってありますので今朝は終い13秒ぐらいの指示をしてあります。昇級戦ですが楽しみにしていますよ。スーパーウーパーは浜中君に頼んであります。2回乗って癖も判っていますしね。前走は勝ったかと思える瞬間も。このクラスでも十分にやれるメドはついたと思いますよ。今回も前走の様な競馬が出来たらいいですね』との事でした。森師は今、自宅待機中。今後の予定を聞くと5月にアメリカの競りに行くそうです。キーファーズの馬は買うのですかと聞きますと『この前のアメリカで2歳馬を購入してきましたよ。200Mを9・8秒で走りました。牝馬で450キロぐらいの芝向きの馬。この夏にも使えるでしょう』でした。嬉しい話ではありませんか。 ピアシック 坂路 53.6〜37.5〜12.5   ●小崎憲厩舎 ・バクハツ小崎師から昨日(水曜)にラインが入りました。『お疲れさまです。明日の検疫でバクハツが入厩します。5月1日(土)阪神、1400ダ-トもしくは東京の1300ダートを目標に進めていきます。よろしくお願いいたします』でした。阪神のそこにはタイミングナウ(四位厩舎)が予定していますので、その旨、連絡をしました。即、『一応、東京を本線と考えておきます』との返事でした。 ●松永幹夫厩舎 ・マイプレシャス・マイシンフォニー・ノーチラス松永幹師から電話が入りました。『マイプレシャスはちょっと入れ込みもあったかもですが、距離が長かったかも知れないですね。山元に戻しますが、3歳限定のうちに使いたいと思っています。マイシンフォニーは前向きな性格で、入った時は462キロだった体が今は450を切るぐらいですかね。そんな性格なので明日(金曜)にでもゲート試験を受けて合格したら直ぐに放牧へ出してリセットしてあげたいと思っています』とのことでした。そして『ノーチラス、ちょっと体調が整わないと放牧先からの連絡です。やり直します』とのことです。じっくりとする様です。

2021.04.08

タイミングハートは放牧へ 所有馬近況

平林雅芳氏によるトレセンレポート。キーファーズ所有馬の最新情報をお届けします。 ●武幸四郎厩舎 ・タイミングハート幸四郎師からメールが入りました。「おはようございます。タイミングハートは明日、放牧へ出します。またローカルで何処か探します。よろしくお願いいたします。」との内容でした。 ●池江泰寿厩舎 ・キスラー・マンインザミラー・ローズエンペラー池江師から電話が入りました。「マンインザミラー、放牧へ出ました。ゆっくり休んで夏以降にと考えてます。ローズエンペラーも同じくゆっくりとの予定です。キスラーは東京開催の出走を予定しています。」とのことでした。 ●森秀行厩舎 ・ピアシックピアシックの今週出走は無しになりました。来週の新潟、勝浦正樹騎手で予定しています。やはり1400より1200となったようです。ピアシック 一杯坂路 50.0〜36.8〜24.4〜12.4

2021.04.01

今年の3歳馬全て勝ち上がる 所有馬近況

平林雅芳氏によるトレセンレポート。キーファーズ所有馬の最新情報をお届けします。 ●池江泰寿厩舎 ・マンインザミラー池江師から日曜に電話が入りました。『今日は何とか勝ってくれました。まだ 非力な感じですし、ひとつ勝ったことでもあるので充電します。乗った浜中騎手も背中のいい馬だと言ってましたから、良くなってくるでしょう』とのことでした。これで今年日本で走るキーファーズの3歳馬は5頭全部が勝ちあがりました。まずはひと安心です。 ●森秀行厩舎 ・ピアシック・スーパーウーパー森師から電話が入りました。『ドバイから帰ってきています。ピアシックですが今週の1400を使うかも知れません。久々に1400を使ってみてもいいかも知れません。次週の新潟の1200もありますが、今週の方が相手関係がいいかも知れませんので。スーパーウーパーはミニ放牧へ出ていて今日入ってきます。爪の方も大丈夫でしたしね。阪神の1200へ使いたいと思っています』とのことでした。 ●松永幹夫厩舎 ・マイプレシャス・マイシンフォニー松永幹師から電話が入りました。『マイプレシャス。追い切りました。併せ馬で先行して先着しました。動きも変わらず悪くないので期待していますよ。マイシンフォニーは今日、入ってきます。金曜に入ってくる2歳馬とゲート練習から試験へと向かいたいと思いますよ。ノーザンファームの方でもいい素質があると聞いています。楽しみにしたいと思います』とのことでした。 グレイテストギフト 一杯マイプレシャス 強めCW 82.2~67.0~52.2~39.4~12.3外が1.4秒先行して0.6秒先着。 ●四位洋文厩舎 ・タイミングナウ竹之下ジョッキーが乗っていた様です。これが復帰後の初時計です。まだまだ先の予定ですのでじっくりと見守っていきましょう。CW 52.2~38.5~12.5 馬なり ●小崎憲厩舎 ・オーマイオーマイ 小崎師からはレース後にラインが入っていました。『ゲートはしっかりと出てくれましたが、中1週で、思っていたよりも身体が減っていましたね。グリーンウッドへ出したいと思っています』とのことでした。 ●武幸四郎厩舎 ・タイミングハート実に惜しい競馬でした、タイミングハート。ゴール寸前までリードしていたのですが、ゴールは相手の方が先だったようです。せめて同着にでもと念じたのですが…残念ながら中央での出走権はまだ先になりそうです。幸四郎師とはまだその後の状態の確認とかしていません。明日にでも確認したいと思っています。

2021.03.31

2歳新馬が入厩 所有馬近況

平林雅芳氏によるトレセンレポート。キーファーズ所有馬の最新情報をお届けします。 マイシンフォニー ●松永幹夫厩舎 ・マイプレシャス松永幹師から電話が入りました。『マイプレシャス。今朝、CWでサーッと流す程度でやりました。来週の競馬ですからね。順調です。そして2歳馬、ディープインパクト×テディーズプロミス(マイシンフォニー)は近々入厩します。先週の初めに北海道に観に行ってきましたが、週末にはノーザンファームしがらきへ移動してきています』とのことでした。早くも2歳馬が入厩するんですね。どんな馬かこの目で見てみたいですね。 マイプレシャス 馬なりCW 82.5~67.8~53.6~39.7~13.0 ●小崎憲厩舎 ・オーマイオーマイ小崎師からはラインで連絡が来ました。『おはようございます。オーマイオーマイ、 今朝、坂路で追い切りしてます。中1週なので、ラストに気合つける程度の調整です』とのことでした。初勝利も中京、好走も全てがこのコースだけに何とか今週で終わる中京コースでのラストチャンスを物にして欲しいですね。 オーマイオーマイ 坂路 54.9~40.7~26.7~13.3 ●武幸四郎厩舎 ・タイミングハート幸四郎師からは電話が入りました。『今朝、やりました。CWで半マイルだけ。最後は馬なりに近かったと思いますよ。状態は変わりなく悪くないです。日曜の1勝クラスは浜中騎手。兄貴が乗るからと吉田隼騎手は断っていました。もう騎乗馬を確保しておりチェンジは出来ません。出れなかったら土曜の格上(2勝クラス)へ。そこなら吉田隼騎手が乗ります』とのことでした。何とか1勝クラスに出れて欲しいところです。ただ日曜の後半が雨予報。あまり降っては良くないですから程度問題ですね。 ゼンノミチザネ 馬なりタイミングハート 馬なりCW 52.5~39.5~12.3外が1馬身先行して同入 ●池江泰寿厩舎 ・マンインザミラー 池江師から電話が入りました。『今朝は浜中君を乗せてやりました。まだハミにもたれている感じですね。馬の後ろに入れていると行きたがる処があります。横に出すとすっと反応してました。キングヴァンドームを3、4馬身追走して1馬身先着です。強め程度でしょうか。まだ背腰が弱くて、前ノメリになって走ってますしゴーサインを出してもすぐに後脚が入ってこない感じがあります。芝では切れ味で負けてしまっていました。ですのでジョッキーがダートと言っていたと思います』とのことでした。何とか結果が欲しいところですね。 キングヴァンドームマンインザミラー 強め坂路 53.1~39.1~25.4~12.63馬身追走し1馬身先着

2021.03.24

キスラー、ローズエンペラーが出走予定 所有馬近況

平林雅芳氏によるトレセンレポート。キーファーズ所有馬の最新情報をお届けします。 ●池江泰寿厩舎 ・ローズエンペラー・キスラー・マンインザミラー池江先生から電話が入りました。『今朝は3頭やりました。ローズエンペラー、坂路で単走にて追いました。サッとやった程度です。使ったことで上積みはある筈です。キスラーはCWで単走で追いました。引き続き順調に来ています。マンインザミラーはCWで併せ馬で追いました。相手は3勝馬のスヴァルナ、3馬身ぐらい先行して半馬身ぐらい遅れました。まだもたれて走っていますね。前走がジリジリしか伸びなかったし、ダートへ。背腰がしっかりしてきてから、芝へと思っています』とのことでした。今週が阪神日曜にキスラーとローズエンペラー。来週の中京でマンインザミラーの予定をしています。 ローズエンペラー 馬なり坂路 54.7~39.9~25.7~12.8 キスラー 強めCW 54.3~39.9~12.5 スヴァルナ 馬なりマンインザミラー 一杯CW 82.4~66.6~51.7~38.5~12.5外が3馬身先行して半馬身遅れ ●小崎憲厩舎 ・オーマイオーマイ小崎師とは中京、日曜の7Rが終わってから電話で話しました。『ゲートを上に出てしまいました。練習ではどうもないのですが、実戦ではダメですね。でも後は上手に乗ってくれました。いい伸びもみせていましたしね。引き続き、中京で使いたいと思っています。3月27日(土)の6R・1400ダートを西村淳也騎手でお願いしてあります』とのお話でした。中京コースは本当に安心して観ていられる様になりました。今回の中京開催、最後のチャンスを生かして欲しいところですね。        ●松永幹夫厩舎 ・マイプレシャス・ラブアンバサダー・ノーチラス・チカリヨン松永幹師から電話が入りました。『マイプレシャス。あの馬場ですかね。お母さんがフランスで走っていたから大丈夫と思ったのですが。今後については明日朝にエージェントと話しをしてみます。ラブアンバサダーはこの前に北海道で観てきました。骨折明けですからこれからです。札幌の1500で勝った馬ですのでそこを目標にしてもいいかも知れませんね。ノーチラスは福島からと思ってましたが新潟に変更になりましたので考えたいと思います。チカリヨンもノーザンファームしがらきで観たのですが変わりないです。前走が案外だったので芝に戻してもいいかも知れませんね』でした。とりあえずはマイプレシャスの今後は明日にでもまた聞きます。

2021.03.17

もっとみる

JOURNAL

キーファーズ編集部録

キーファーズ編集部が独自の目線で、
様々な情報を発信してきます。

【キーファーズ編集部録】モーニングリズ19 小崎調教師が視察

・モーニングリズ19(チカレンヌ)順調に育成を重ねて、3月21日に浦河・吉澤ステーブルからチャンピオンヒルズへ移動しています。本日、同馬を管理する小崎調教師が視察に訪れ、「今日、チャンピオンヒルズさんでチカレンヌ見てきました。移動した後も環境の変化にもすぐに慣れ、現在は坂路を18〜20秒くらいのペースで乗っています。先ずは身体を増やしながら、しっかりと体力をつけていきたいと思います」と談話を寄せてくれました。*馬名はチカレンヌに決定

2021.03.31

【キーファーズ編集部録】キーファーズ2歳馬、1歳馬近況 社台ファーム生産馬など

●社台ファーム産 ・ゲーテ(牡2・鹿毛)父 ディープインパクト母 プラスヴァンドーム母父 Dr Fong 雪もそれほど積もることもなく、週3日は坂路コース入りしており、2本めにハロン16~18秒のペースで乗っており、ハミをしっかりと取って元気一杯で、手応えは非常に良いものがあります。その他の日は周回コースとトレッドミルの運動です。現在の馬体重は473㎏。   ・グリサージュ20(牡1・芦毛)父 ミッキーアイル母 グリサージュ母父 クロフネ 社台ファーム中間育成のため、門別・ブルーグラスFに移動しました。週4~5日は夜間放牧をしており雪は問題ないのですが、風の強い日があり体感温度が下がるため、その際は厩舎で休ませており無理はしません。現在の馬体重は384㎏。  ●チャンピオンズファーム産 ・モーニングリズ19(牝2・黒鹿毛)父 Kingman 母 モーニングリズ母父 Acatenango 吉澤ステーブル坂路コースで週2~3日はハロン17秒のキャンターを消化中。大分心身ともに成長してきて、背が伸びてきたので、あとは馬体の幅を出したいところ。細見の馬体だったが、腰部分には肉がついてきた。徐々にペースを上げたいが、いまはこのペースを守って、馬体が良くなれば負荷を課したいところ。カイバは完食しており、現在の馬体重は440㎏。 ●静内山田牧場産 ・ルリオン19(牡2・栗毛)父 ダイワメジャー母 ルリオン母父 キングカメハメハ 吉澤ステーブル坂路コースで週1~2日はハロン15秒のキャンターを消化中。体力は相変わらずあるが、強めを行った日は背腰に疲れが少し溜まるものの、調教自体は動く馬。カイバも完食しており、現在の馬体重は494㎏。

2021.02.20

【キーファーズ編集部録】キーファーズ2歳馬、1歳馬近況 ノーザンファーム生産馬

●ノーザンファーム産 ・テディーズプロミス19(牝2・青鹿毛)父 ディープインパクト母 テディーズプロミス母父 Salt Lake ノーザンファーム早来 周回コース2400mを乗りながら、週2日はハロン15秒を消化していました。1月25日からペース落として、週1日に15-15を消化し、どこも悪いところはなく、緩急をつけた調整で無理はしていません。馬体重は482㎏と徐々に締まってきました。    ・ダストアンドダイヤモンズ19(牡2・鹿毛)父 ハーツクライ母 ダストアンドダイヤモンズ母父 Vindication ノーザンファーム空港週3日は坂路コースに入れており、2本めにハロン15~16秒のキャンターを消化しています。その他の日は周回コースで2500mのキャンターを乗っています。5月生まれですのでこれからの馬ですし、騎乗者とも相談して工夫しながらの調教を続けていきたいと思います。現在の馬体重は472㎏。   ・エスメラルディーナ20(牡1・鹿毛)父 キンシャサノキセキ母 エスメラルディーナ母父 Harlan’s Holiday ノーザンファームイヤリング現在の馬体重は368㎏。本馬も他馬と同様に夜間放牧を継続中。体力も徐々についてきており、適度に雪が積もった放牧地を駆けまわっています。 

2021.02.20

【キーファーズ編集部録】キーファーズ1歳馬、当歳馬紹介

キーファーズが所有する1歳馬、当歳馬の近況を紹介致します。 ●ノーザンファーム産 テディーズプロミス19(牝1・青鹿毛)父 ディープインパクト母 テディーズプロミス母父 Salt Lakeノーザンファーム早来マイラプソディ半妹。今年のセレクトセール落札の良血馬は今のところ至極順調で、現在は坂路で17−17を乗っています。乗り手に反抗するようなところもなく、馬体もがっしりしてきました。現在の馬体重は481kgです。 ダストアンドダイヤモンズ19(牡1・鹿毛)父 ハーツクライ母 ダストアンドダイヤモンズ母父 Vindicationノーザンファーム空港当初は硬さが見られましたが、成長を見ながらじっくりと調教を進めています。坂路で17−17まで進んでいます。ペースをあげても対応出来そうですが、馬の成長を見ながら対応していきます。カイバも良く食べて精神的にもどっしりしており、長い距離でも問題なさそうです。現在の馬体重は482kgです。 エスメラルディーナ20(当歳・牡・鹿毛)父 キンシャサノキセキ母 エメラルディーナ母父 Harlan’s Holidayノーザンファーム空港イヤリング母は関東オークスなどダート重賞2勝馬です。現在夜間放牧中で、普段は大人しいのですが時々ピリッとしたところを見せています。この時期ですので特に問題はないと思います。カイバもよく食べて順調に成長しています。現在の馬体重は334kgです。 ●チャンピオンズファーム産 モーニングリズ19(牝1・黒鹿毛)父 Kingman 母 モーニングリズ母父 Acatenango吉澤ステーブル坂路コースで20−20で乗っています。体高も伸びており馬体のハリも出てきました。力強さはこれからですが、とても体力があります。年内には調教も進みハロン18秒くらいには移行できそうです。カイバも良く食べており、性格は繊細なところがありますが、調教で心配するようなところはありません。馬体重は427kg。 ●静内山田牧場産 ルリオン19(牡1・栗毛)父 ダイワメジャー母 ルリオン母父 キングカメハメハ吉澤ステーブル坂路18−18でコンスタントに乗っています。体もがっちりしてしっかりしているので、ペースを上げても問題はなさそうです。ダイワメジャー産駒はハミを取りすぎるところがありますが、この馬は乗っていてもそのような癖を見せることはありません。順調ですが追い込まないようにコントロールして調整していきたいです。カイバはしっかりと食べて、脚元も丈夫です。馬体重は480kgです。 ●社台ファーム産 ゲーテ(牡1・鹿毛)父 ディープインパクト母 プラスヴァンドーム母父 Dr Fong社台ファーム武豊騎手と出演した雑誌「GOETHE」の取材時に、松島正昭の提案で「ゲーテ」に決定したディープインパクトの良血馬。現在は週3回、坂路2本、17−18のキャンターを乗っており、坂路1本と2本の日を交えながら調教しています。素直で扱いやすい馬で、騎乗者の指示にしっかり応えています。まだ先のことでわかりませんが、マイル戦から対応出来そうな気がします。12月に入れば15−15に進めていく予定です。乗りながら馬体重を増やしており、順調に成長しています。現在の馬体重は465kgです。 グリサージュ20(当歳・牡・芦毛)父 ミッキーアイル母 グリサージュ母父 クロフネ社台ファーム夜間放牧中です。性格は大人しく馬房を変えてみても全く動じず、精神的にもどっしりしています。全てにおいてしっかりしています。姉に(ルージュブラン)似ている感じがします。現在の馬体重358kgです。

2020.12.27

もっとみる

OWNED HORSE

FOLLOW US

KIEFERS SALON
KIEFERS SALON

キーファーズのイマがここに