KIEFERS SALON

NEWS

ドウデュース 第89回日本ダービー制覇

2022.05.29 NEWS

©Yushi Machida

 29日、東京競馬場で行われた第11レース・日本ダービー(3歳オープン・G1・牡牝・芝2400m・18頭立て・1着賞金=2億円)に、ドウデュース(牡3・栗東・友道康夫)が武豊騎手・57kg、3番人気で出走し優勝。馬体重は490キロで、前走の皐月賞からマイナス6キロ、勝ちタイムは2分21秒9(良)のダービーレコードでした。

 皐月賞からマイナス6キロと研ぎ澄まされた好馬体は、大仕事をやってのける予感を感じさせるものがありました。レースではとても落ち着いた様子でゲートインし、五分のスタートから、じっくりと後方待機策を選択。ダービー5勝を挙げている名手・武豊騎手の手綱に導かれ、完璧な折り合いを見せて勝負どころを迎えました。抜群の手応えで直線に向くと、鞍上のゴーサインに応えて馬場の真ん中から堂々と先頭に立ち、外から来たライバルをクビ差凌いで、栄光のゴールへ飛び込んでいます。

©Yushi Machida

 殊勲の武豊騎手は「感無量です。本当に多くの方に支えられて、応援してもらっての勝利なので、本当に嬉しく思います。ドウデュースと共にこれからも世界も含めて頑張っていきたいと思います」と喜びの声を届けてくれました。

 また、管理する友道康夫調教師は「ありがとうございました。状態も良く自信持って送り出しましたが本当に強かったですね!パドックでもこの暑い中、堂々として汗もかかずに回ってました。レースの位置取りもポツンと走っていて、ノープレッシャーの最高の位置取りでした。流石、武豊騎手です。やはり左手前が得意なので良く伸びましたし、本当に強かったです。レース後も問題ないです。この先も楽しみですね」とコメントを寄せています。

このページをシェア

KIEFERS SALON
KIEFERS SALON

キーファーズのイマがここに